本日2018年1月17日木曜日はモーニング7号の発売日。

ジャイアントキリング第504話のネタバレと感想、次週予想をしていきます。

チャンスを迎えた日本代表、はたしてゴールはあるのか!?

花森、窪田、椿のHKTがUAEに襲い掛かる!!

スポンサーリンク

GIANTKILLING[ジャイアントキリング]前回第503話のあらすじ

アジアカップ準々決勝

日本 0-1 UAE

岩淵と交代で窪田がピッチイン!

花森をトップに上げた0トップシステムで勝負に出たブランジャパン。

UAEも選手交代で応戦する。

ここでブランが語る、

「大人になってからできた友達っている?」

「すごくウマの合う人に出会う事ってないかい?」

ウマのあった3人、花森、窪田、椿の3人で攻める日本!

ゴールは産まれるのか!?

GIANTKILLING[ジャイアントキリング]第504話のネタバレと感想

それでは504話のネタバレと感想を書いていきます。

チャンス!

花森のポストプレーから窪田、そこから椿にボールが渡る。

椿(今度こそ必ずゴールに結びつける)

椿がドリブルで突破する、UAEは腕を引っ張って止めようとする。

倒れそうになる椿、その時達海の言葉を思い出す。

「アジアカップはこの国のリーグみたいに、お行儀良く笛を吹いてもらえるとは限らないぜ」

椿(そうだ、ベンチワークやジャッジに期待するのではなく)

椿(自分のプレーで試合の流れを変えられる選手)

椿(そういうものに、俺はなるんだろ!!!)

椿の左を窪田が走る、

窪田「へい」

窪田がボールを呼び込む!

椿は倒れそうになりながらも、右の花森にボールを出す!

ディフェンダーが窪田につられて、花森の前はがら空き!キーパーと1対1だ!

花森はそのままシュート!

GOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOL

日本同点に追いつきました!!!

・3人の流れるようなプレーから、あっさりと花森が決めました。
桐生は何も絡みませんでした(笑)
とにかく同点に追いつけて良かったです!

HKT

チームの苦しい状況を救ったのは、2人の若武者(窪田、椿)と日本のエース花森です!

ブランも花森の出来に納得。

記者席の記者達も3人の流れるようなパスワークに、「背中に目がついてんのかってくらい見事なパスワークだ」と賞賛する。

藤澤記者は思う、

(持田の代わり、そういって選ばれた二人が)

(実際に持田の穴を感じさせない存在になりつつある)

(そしてかつてブランがワクワクすると言った、ボールを繋ぐことでどんどん仲が良くなった所)

(ブランジャパンは、いよいよ監督の理想の形に近づきつつあるのかもしれない!?)

・今のサッカー日本代表の中島、南野、堂安のNMDに対抗して、花森、窪田、椿のHKTが絶好調です!
ワクワクするようなサッカーは最高ですよね。

ハイプレス

マチュー(大丈夫だ、プランは何も狂っていない)

マチュー(そもそも我々は、この時間帯まで相手にリードを許さないのが大事だったのだ)

マチュー(追いつかれた事は大した問題じゃない)

マチュー(時間が進めば進むほど我々のチャンスが増える、そこで突き放せばいいだけのこと)

マチュー(延長に入ってもかまわない、とにかく日本のスタミナを削って我々のペースに引きずり込むんだ!)

追いつかれたのにチンタラボール回しをするUAE。

ここで前線からのハイプレスでボールを奪いに行く日本!

しかしボール回しを続けるUAE、日本のスタミナを消費させる・・・

さぁ、イスマイールは何を思うのか・・・次週に続く!

・最後のイスマイールの表情を見るに、もう一波乱あるかもしれませんね。
乱れないUAE、ホームの大歓声を後押しにエースの胸中やいかに!?

GIANTKILLING[ジャイアントキリング]次週第505話予想

延長行くのかな・・・まぁ相手は開催国だしもうちょっと続きそうですよね。

後半中に逆転するのか、はたまたUAEが追加点を入れるのか・・・

個人的には、あっさりと日本が追加点を入れて勝利するような気もしますね(笑)

GIANTKILLING[ジャイアントキリング]第504話まとめ

いかがでしたか、GIANTKILLING[ジャイアントキリング]504話のネタバレと次週予想をしました。

日本がついに同点に持ち込みました。

HKTの大活躍ですが、相手のエースも胸中穏やかではありませんね。

はたしてどうなるのかUAE戦も大詰めです、次週も目が離せません!

以上です、最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク